これだけはおさえたい!就活の基本マナー

電話問い合わせをするときのルール

問い合わせは面接の始まり

募集広告に、「電話連絡の上」と記載されている場合があります。これは企業側が事前に確認したいことがあるからです。また、求職者側から問い合わせをしたい場合もあります。
電話をかけた時点から面接は始まります。話をスムーズに進めるため、あらかじめ確認事項などをメモし、相手が電話口に出たらまず氏名、いつ、どの広告を見て、電話をしたのかを伝えましょう。
また、相手の状況を考慮して、「今、お時間よろしいでしょうか」と一声かけましょう。

電話の印象をアップする

就職活動では、電話が企業との最初の接点という場合が多々あります。そこで、「電話の印象」について、確認してみましょう。
電話の特性は、音が頼りということです。つまり、声や話し方だけで「いかに好感を持ってもらえるか」が勝負です。
ポイントは、
①いつもより少し高めの声で話す(明るい印象を与える)
②ポーズを上手に使う(強調したい言葉の前にポーズをおく)
の2 つです。
これを意識すると、格段に聞き取りやすく感じのよい電話になります。

携帯電話での問い合わせ

「電話連絡の上、面接」という応募方法の企業に電話連絡する際は、ご自宅の電話からかけることが望ましいのですが、やむを得ず携帯電話を使う場合は、充分な配慮が必要です。電波環境によって、雑音が多くなったり途中で切れたりするようでは、掛けた側・受けた側とも話の内容を正確に把握することが困難になるからです。
相手に不快感を与えないことはビジネスマナーの鉄則です! 最適な環境で電話をかけることをお勧めします。

電話でのやりとりは復唱を

面接の日程や内容など、企業の採用担当者と電話でやりとりをする際は、聞いた内容をメモし、復唱しましょう。
日時、会場、持ち物等、面接に行くために必要な情報を復唱することで、たとえば「13時」を「3時」と聞き間違えるというリスクを防ぐことができます。
また、確認を取ることは相手に安心感を与え、ビジネス感覚をアピールすることにもつながります。電話のかけ方ひとつが今後の面接に大きな影響を与えるものです。

提供:株式会社アイデム 人と仕事研究所

ログイン

[無料]新規会員登録

求人広告掲載ご希望の方

今月の特集

今月の特集

鍼灸の患者が多い治療院特集

整形外科・クリニック特集

短時間勤務OK特集

在宅マッサージ特集

女性にやさしい治療院特集

11月20日更新

月刊「医道の日本」

月刊『医道の日本』誌

巻頭企画

月刊『医道の日本』誌 毎月1日発行 定価980円(税込)

詳しくはこちら

お問い合わせ

PAGE 先頭へ戻る