これだけはおさえたい!就活の基本マナー

面接前に心がけたいこと

第一印象は見た目で決まる

「人間は見た目じゃないよ。ハート(中身)だよ」とよく言いますが、そうはいっても、見た目や身だしなみは第一印象を決める大きな要素です。
会社説明会や面接などは社会人の第一歩ですから、「お気軽に」と言われても、あまりにもラフな格好は避けたほうがよいでしょう。どの年代、どんな職業の方から見ても感じよく見えることが身だしなみのポイントです。
出かける前に、自分の姿を鏡に映し「客観的な視点」でチェックしましょう。また、ご家族、友人からアドバイスを受けてもよいでしょう。

何を着て面接に行くとよい?

募集広告を見て、ある企業に応募、そして、いざ面接へ! となった場合、さて、何を着て行きますか?
スーツを着て行く必要があるのか? という疑問をお持ちの方は多いようです。
もちろん、職種や業種、また、企業の社風等によって異なりますが、ポイントは「きちんとしている」「清潔感がある」ことのようです。スーツ以外の服装で行く場合にも、安心して仕事を任せられるという印象を与えることが、面接通過の第一歩ではないでしょうか?

「おしゃれ」よりも「身だしなみ」が大切

面接に行くときにはアクセサリーに配慮をしていますか?
特にネックレスやピアスは付ける部分が顔に近いため目立ちます。華美なものや付けすぎは面接官に良い印象を与えない場合もあります。
また、手や指先も意外と目がいくものです。指輪は身に付けたとしても一つに抑えるのが無難です。
ビジネスの場では「おしゃれ」よりも「身だしなみ」が大切なのです。「身だしなみ」の基本のひとつは「調和」です。ビジネスの場の調和を意識したアクセサリーの選び方、付け方を考えることが大切です。

提供:株式会社アイデム 人と仕事研究所

ログイン

[無料]新規会員登録

求人広告掲載ご希望の方

今月の特集

今月の特集

鍼灸の患者が多い治療院特集

整形外科・クリニック特集

短時間勤務OK特集

在宅マッサージ特集

女性にやさしい治療院特集

11月19日更新

月刊「医道の日本」

月刊『医道の日本』誌

巻頭企画

月刊『医道の日本』誌 毎月1日発行 定価980円(税込)

詳しくはこちら

お問い合わせ

PAGE 先頭へ戻る