これだけはおさえたい!就活の基本マナー

面接後のフォロー

合否の確認は

「面接の後、何の連絡もない。確認をしても良いのか?」と悩んだことはありませんか。
面接のときに合否の通知時期や連絡方法の話がなかった場合、こちらから確認の連絡をしても問題はありません。ただ、その際の言葉遣いには注意します。
例えば「すでに通知してくださっているようでしたら申し訳ございませんが」など、丁重な姿勢で確認することが大事です。
電話の掛け方一つで、「やる気があるな」と思われたり、逆に「この人はちょっと・・」と思われてもしまいます。

応募状況を家族に伝えよう

応募した企業の採用担当者から、自宅に面接日、合否等の連絡の電話が入ることがあります。
その電話を自分が取れば問題ありませんが、家族が取る場合もあるでしょう。
その際、何も知らない家族が失礼な態度で応対したり、セールスの電話かと思って切ってしまったりすることがあってはいけません。
最低限、どの企業に応募しているかを家族に伝えておきましょう。そうすれば、応募者が家族とコミュニケーションをとっている事実が伝わり、企業側へのイメージアップにつながるかもしれませんよ。

提供:株式会社アイデム 人と仕事研究所

ログイン

[無料]新規会員登録

求人広告掲載ご希望の方

今月の特集

今月の特集

鍼灸の患者が多い治療院特集

整形外科・クリニック特集

短時間勤務OK特集

在宅マッサージ特集

女性にやさしい治療院特集

11月19日更新

月刊「医道の日本」

月刊『医道の日本』誌

巻頭企画

月刊『医道の日本』誌 毎月1日発行 定価980円(税込)

詳しくはこちら

お問い合わせ

PAGE 先頭へ戻る